商品名       :
まあいっぺたべてみなあよ〜紀州の活けハモ
商品種別      :
魚介類
個包内容量     :
1kg
希望小売価格(税込):
1500〜/㎏
最もおいしい時期  :
6月,7月,8月,9月,10月
6月〜10月
主原料産地     :
紀伊水道
保存温度帯     :
   
賞味期限      :
到着後3日程度
消費期限      :
 
アレルギー表示   :
 
認定認証機関の許認可:
 
1ケースあたりの入り数:
1kg〜
最低ケース納品単位  :
1ケース〜
納品までの期間    :
1週間以内
販売エリアの制限   :
指定あり
国内(発送翌日着地域)
主な販売ルート    :
フードサービス
主な消費者層     :
居酒屋などで 伝統的和食として食してもらうだけでなく  イタリアンやフレンチなどで白身魚として活用して頂き 若い人にも食していただきたい。
利用シーン      :
伝統的和食・・・湯引きで辛子酢味噌や梅肉等で、また天ぷら・塩焼き・蒲焼・鍋物・寿司など伝統的な調理法にこだわらず、白身魚としてイタリアンやフレンチに利用する飲食店さんも増えてきました。
白身魚として洋風に・・・ソテーして。また野菜類とドレッシング和えなど。
商品説明

関西の夏に欠かせない鱧は、淡白な白身の魚ながら、良質なたんぱく質とビタミンA・カルシウム・不飽和脂肪酸等が豊富です。がん・高血圧・動脈硬化等の予防、視力回復・抗ストレス・精神安定 むくみの改善等に、効果があると言われています。また、皮の部分にはコンドロイチンが含まれているので、老化防止や美白効果が期待されます。金栄丸の活けハモは、名高い淡路島・徳島と同じ海域の紀伊水道にて水揚げしました。漁法は底曳きですが、水揚げ後生きたハモを天然海水の水槽にて、数日間休ませる「活け越し」作業をすることにより、鱧のストレスをなくし、身のしまった、美味しいハモを提供することが出来ます。

「はまかぜ通信」〜金栄丸
主な商品  :
紀州の活けハモ
担当者   :
寺井洋子
会社所在地 :
〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎1419
電話番号  :
050-2022-2048
FAX   :
050-2022-2048
E-mail   :
jyonasan@hkg.odn.ne.jp
ホームページ:
http://www1.odn.ne.jp/~cdz95680

製造工程・品質管理情報

製造工程
アピールポイント:
①午前10時雑賀崎底曳漁船団出漁
徳島・淡路・和歌山の底曳漁師がしのぎを削る。紀淡海峡にてハモ漁操業。

②午後9時〜10時頃 寄港
水揚げされたハモを、専用生簀に放って2日〜7日休ませる。
底曳漁で水揚げされたハモは元気そうに見えても強いストレスがあり、生簀で休ませることで身のしまった美味しいハモになる。
 
 
衛生管理
製造工程の管理:
食品衛生責任者認定・ 魚介類販売業営業許可証 取得
危機管理体制
担当者    :
寺井洋子
担当者連絡先 :
090-6237-3593